*Welcome to Reina's site*


by reina917
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

*速読のススメ*

昨日の土曜日は近所の本屋さんに行って来ました。

今回イロイロ買った本の中で、真っ先に読んだのがコチラの2冊です。
どちらも”速読のススメ本”です。

以前から言っていたようにワタクシ”速読”ができるようになりたいな、と
強烈に感じていたのです。

読みたい本はたくさんあるけれど、一冊読むのに2日かかるってどーなの?!
ってそろそろ思い始めてきた今日この頃。
だけど「斜め読み」「飛ばし読み」ってのは、その言葉から来る印象的に
あまり自分には好ましくないカンジがしたので、
「読んで、その先を感じる。読んでその先にひらめきがある」
そんな速読法を進める本を探してみました。


んで、今回の2冊をカンタンに紹介します。
b0038991_17164940.jpg


■キラーリーディング/中島孝志

読書をして「あー面白かった」で終わるのは子供の頃の読書(知的消費の読書)
であって、その先に自分が何を感じたか、何を学び実生活で活かせるようになる
かがビジネスマンの読書(知的生産の読書)でしょーが、と言うお話。
もちろん速読に関する考え方、その手法も紹介されています。
文章も全体的に面白くまとめられています。「ヒロインモードの読み方」は
まさにワタシにピッタリ♪
この著者の考え方、読み方には心底、共感です!!


■本が10倍早く読める法/栗田昌裕

上記で紹介した中島孝志氏も、栗田先生の速読講座を受講されたことが
あるくらい、その道の権威でいらっしゃるそうで。
本書の中では栗田先生の速読の始まりについても触れていて、
「色んな所で色んな出会いがあるもんだな」と思いました。
この本では栗田先生が薦める速読に関するトレーニング法がかなり詳細に
記されていて、トレーニングは少なくても1週間は必要だそうです。
(そりゃそうか・・)ワタシもこの本を手に取った時その読書スピードは
一分で800文字だったのですが、読み終えてちょっとトレーニングした後は
一分で1000文字となっていました。(それって・・気のせい?)
脳のトレーニングにもなるので、しばらくトレーニングを積んでみるのも
良いかなと思っています。

速読技術については、まだまだでトレーニングと言うか書物を読む方法については、
改善の余地がありそうです。
また両著でも、他著名人が言っていることですが、得た情報は必ずアウトプット
する必要があるそうです。
これについても、ワタシも同感するところですが、この「アウトプット」が一番難しい。
そしてちょっぴり勇気がいることなのです。
なので早速書評(なのか、これは?)を書いてみたところです。

@自宅にてVAIOチャンと


by reina917 | 2008-04-27 17:16