*Welcome to Reina's site*


by reina917
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

*仔猫発見13日目 別れの朝ver2*

私たちはカンタンな朝食をネコちゃんのいる部屋で食べた。

昨日の夜の様子をダーリンから聞いたところ、だいぶ部屋の中や、彼になれたようで、
甘えた様子で彼の周りをずっとチョロチョロしていたようだ。

私が部屋に入って食事をしててももう怖がったりもしていなかった。
「もう抱っこもできるんだ」と言って彼はひょい、とネコちゃんを抱っこする。
全然嫌がったりもしないで、おとなしくアタマをなでられていた。
カメラを向けても、もう怖がったりしない。

私は先に出かける身支度をすませ、部屋でネコちゃんと遊んでいた。
ネコちゃんは何をみても興味津々で、いたずらをしている。
アタマやカラダをそっとなでてあげると、ゴロゴロをのどをならしていた。
でかけるまで私とネコちゃんはずっと一緒にいた。ネコちゃんもずっとわたしの周りを
グルグル周ったり、私の匂いをかいだり私のひざの上に登ったりして甘えていた。
その姿が愛おしくて愛おしくてたまらなかった。
もっと長く一緒にいたい、やっぱりうちで一緒に暮らそう。本気で何度もそう思った。

「いい子ね」といいながら頭をなでているうちに、ネコちゃんはウトウトと眠ってしまった。
きっとこのコは今まで知らなかった「安心」と言うものを覚えたのだ。

b0038991_12255082.jpg

b0038991_12255078.jpg

b0038991_12255057.jpg

b0038991_12255074.jpg


by reina917 | 2007-08-25 12:25