*Welcome to Reina's site*


by reina917
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

*仔猫発見12日目 ついに我が家へ*

明日、飼い主となるおうちへ連れて行くことになった。
ネコちゃんは朝ゴハンの時は寝床から出てこない。(多分、寝てるから・・)
そうなると、土曜日の朝捕まえるのはムリだ。
つまり今日のうちに捕まえておく必要がある。
一晩は、おうちの中に入れなければいけない。

外で暮らしてたネコちゃんだから、まず「家の中で人と」一緒にいることに
多少慣れる必要がある、だから一晩だけはおうちの中で、というのが私たちの考えだった。

ラグと本棚と観葉植物しかない、殺風景な部屋をネコちゃんの仮の宿と決めた。
私は寝床とトイレを用意した。
先住のネコたちが仔猫の時に寝床として使ってたカゴに、おろしたてのバスタオルをひいた。
それから、クツが入っていた箱に新聞紙をひいてネコのトイレの砂を敷き詰めた。
それらを殺風景な部屋にある観葉植物のそばにおいた。
多分、観葉植物の物陰に隠れることだろう。
あとはネコちゃんがくるのを待つだけだ。

ダーリンはネコちゃんをいきなり手でガッとつかみ家の中に、、という
やり方はしたくないと言う。「いきなりつかまれてどっかに連れてかれるなんて
ネコちゃんにしたら、スゲー怖いと思うよ。可愛そうだな。。」
私も同感だった。そんなことしたら、人をもっと怖がってしまう。
でも方法がないならそれしかないだろうし、ダーリンもゴハンを食べてるところを
捕まえてくるのだろうと思っていた。

どういう方法にせよ、わたしは捕獲の場にいないようにしようと思っていた。
邪魔になるだけだし、怖いと思ってるネコちゃんに2人の人間は多すぎる。

先住のネコは別の部屋に隔離した。これで準備が整った。
ダーリンは玄関ポーチに出ていた。私もポーチに出ようとすると
「ネコちゃんのゴハンを持ってきて」と言った。やっぱりゴハンを食べてる時に
捕まえるつもりなんだな、と私は思った。

ゴハンを渡しにポーチに出る。何にも知らないネコちゃんはダーリンのそばまで来ていて、
ミーミーと鳴いている。ゴハンを催促しているのだ。
ダーリンはネコちゃんの声に知らんぷりな様子でタバコを吸っている。
彼はなんだか、深く考え込んでいるようだった。
私はすぐに家の中に戻った。
多分、もうすぐだ。

私はおうちの中で物音をさせないように、静かにしていた。先住のネコたちも
これから何が起こるのか、興味深々な目で周りの様子を伺っている。

10分後、小さく玄関で音がした。玄関が開く音が聞こえる。
ゴハンの器が玄関の床を小さくこすった音がした。
私はじっと部屋の外の物音に耳を傾けた。想像していた以上に静かだった。
どういう方法でネコちゃんを家の中に入れているのかわからないが
玄関のドアが小さく閉まる音で、ネコちゃんがこの家に入ったのだとわかった。

仮の宿、となる部屋にネコちゃんは入ったが、何もかも知らないところに来て
パニックになり軽く部屋の中を走っていたが、すぐに部屋の隅にある観葉植物の
影に隠れてしまった。想像どおりだ。
私とダーリンは一度部屋からでて、ネコちゃんを一人にした。
廊下で私たちは軽く話し合った。ダーリンはまずはそっとしておくのが一番良いと言う。
私もそれには同意したが「アナタも部屋の中に一緒にいてあげたら?」と言った。
ダーリンは、ちょっと迷った表情を見せた。
その時、部屋の中でネコちゃんの鳴き声が聞こえた。
初めて出会った時の、母ネコを探して鳴いていた時と同じ鳴き声だ。
心細さと、「少しでも知っている何か」を求めているのだろう。
「オレ、中で一晩一緒にいるよ」
そう言うと、読みかけの本を持って静かに部屋の中に入っていった。
その途端、鳴き声がやんだ。

2時間経った。私はその間、ネコちゃんのゴハンを部屋に届けたり、
彼のゴハンを持っていったり、とまるで囚人と看守のようにドアを隔てて
モノを受け渡した。やり取りは全てメールだ。

3時間たった。どうやら、ネコちゃんは部屋になれてきたようだ。
そう彼からメールで知らされた。

6時間経った。ダーリンは一度部屋からでてきた。
外で私たちは、ネコの様子を話し合い、明日渡す前に病院に連れて行くのは
やめておこうとなった。その代わり、飼い主になってくれる方には気持ちばかりを
包むことにしよう、と決まった。
ネコちゃんの鳴き声が聞こえた。ダーリンを呼んでいるのだ。
彼もその声を聞くなり、そろそろ自分も寝るから、と言って部屋の中にまた戻っていった。

7時間経った。私はネコちゃんとダーリンのいる部屋をそーっと覗いてみた。
ネコちゃんは寝ているダーリンの指にじゃれて尼噛みしていた。
私が入ってきてもさほど気にする様子なく、じゃれている。
私は部屋を静かに後にした。

このコが、人に慣れていくのは時間の問題だろう。




by reina917 | 2007-08-24 23:30