*Welcome to Reina's site*


by reina917
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

*中国最終日*

中国最終日。
朝、目が覚めたら、カーテンからの光が変だった。太陽の光でもなく、曇っているわけでもなく、なんていうか・・・黄色だ。黄色い光で部屋中照らされている。「え?曇ってるの?天気がいいの?」と思い、カーテンの外を見ると、それは黄色い世界だった。
他に言い方が見つからないのだけど、外は黄色い世界一色。待ちの人も車も全てを黄色い透明のフィルムを通して外を見ているようだ。

これが黄砂なんだ。気づくまでに時間がかかってしまった。

今日が、帰る日で本当に良かった。これで、会社に行ったりと、外をウロウロしてたら、絶対ノドを痛めてたと思う。実際ロビーを通ると、かなり埃っぽい。天気がよければ、朝食後、少し街を散策しようかとおもったのだけど、諦めた。荷造りをゆっくりして、お風呂に入って、12時のチェックアウトまでは、部屋でのんびり支度をしていた。チェックアウトが終わり、時間があるので、ホテルの横にある、地元のレストランでお茶をした。このころには、外の黄砂は、ほとんど収まっていた。地元のレストランに入って、オーダーをする。やっぱり中国語・・・全然通じない。英語も通じないけど、ワタシの中国語、そんなにダメなんかなぁ?結局、長い文章だとサッパリ通じないので、「えーっと、コレコレ、あとソレとあ、あとアレアレ」と指示代名詞ばかりを使ってようやく意思の疎通がかなうってカンジ。

b0038991_1440107.gif次、中国にくるまでには、もう少し中国語勉強しておこうと、思います。でもさー、中国人も、ネイティブなんだからももう少しピックアップしてくれよぅ。

b0038991_2111580.jpg

お部屋の写真です。ツインルームで結構広かった♪
b0038991_21112126.jpg

バスルームはガラス張り。お部屋が広く感じます。
by reina917 | 2010-03-23 21:01

*中国5日目*

今日で中国での仕事もラスト。でも容赦なく一日のスケジュールはびっしり。色んな案件を何度も話しあい、考えて考えて、結論を出す。ラクな仕事じゃないよ!!今日は、会議もあったのだけど、チームのみんなに研修をするのが午後のメイン。つまりワタシは先生だ。人前で話したり、説明したりするのはそんなに苦手じゃないので、この時間が一番、気がラクだった。とは言え、直接教えられるのは、この時間だけなので、教えるほうも、教わる方も必死だ。ワタシの説明に出てくる言葉は、時々彼らにすんなり理解できない難しい言葉だったりするので、何度もコトバを変えて説明する。「今、全てを理解出来なくてもいいですよ。この説明は何度でもしてあげるから。」とワタシは付け加えた。

研修の最後に、みんなで写真を撮ろう!となって、ワタシを真ん中に写真撮影をした。前職の送別会の時に、大勢の同僚に囲まれて写真を撮ったことを思い出してしまう。チームのみんなと撮った写真をみて「ここからが始まりなんだな」と、思った。

研修が遅くなってしまったんだけど、今日が最後だから、ということで、チーム全員が夕食に連れて行ってくれた。本場の北京料理もこれで食べ収め。みんなが、ワタシがコレまで食べたことのないメニューを食べさせてあげよう、と選んでくれたお料理は、どれも本当に美味しかった。
本当だったら、もっとゆっくりしたかったのだけど、今回の出張は、本当にバタバタだった。ご馳走してくれたチームのみんなにお礼をいい、別れの挨拶をしてタクシーでホテルに向かった。

明日は12時にホテルをチェックアウトして、15時には空港にチェックインして、いよいよ東京に帰るのだ。

b0038991_20433725.jpg

みんなと最後の食事。まだまだお料理はやってきます。

b0038991_20435394.jpg

チームのみんなと。みんな元気一杯!ファッションセンスも、このチームだけ突出して良い。
by reina917 | 2010-03-19 23:30

*中国4日目*

あー、中国からエキブロつながらなーい!!わかってたのでいいんですが。。今はVPN接続して投稿しています。回線と海を越えての中国レポ。なんだか壮大だ。。
今日は、中国にいるワタシ、の存在についてレポします。

まず、中国、ワタシがいる北京ですが、皆さんのファッションはやや遅れています。控えめな表現でいいますと・・・ヘアスタイルがそこそこおしゃれと思える人は、オフィスで5人くらい、って言えばわかるかな。町の中に目を移してみても、そんなものです。北京でワタシがきづいたこと、それは。。
「町並みの色合いと、生活してる人たちの服装の色は似ている」です。なんだか、みんな建物と調和してるんですよね。パステルカラーなんて着てるのワタシくらいなものです。町全体が埃っぽさがあったり、風が強かったり、活気がある市場で買い物したりするから、汚れやすい色は選べないんだろうな。だから、白やパステルカラー着れるって、外国人かお外に出ない高所得者くらいなんですよね。そういうことなんです。

だったら、着ている服の色で外国人だと判断されるのか?と言ったら、答えはノーです。会社の人や、町の人、ホテルの人、必ず中国語で一発目は話しかけてきます。
「あ・・ごめんなさい、ワタシ日本ジンなんです。英語、ハナセマスカ?」とつたない中国語で言うと、大体が、「そうなの?わかんなかったよー。」って返ってきます。
去年、マルタ島へプチ留学した時は散々ガイジン扱いされたのですが、今回は全く逆。中国人扱いから始まります。
でもね、ワタシからすれば、中国人と日本人、絶対見分けることができます。それって、表情の作り方や、ヘアスタイル、ファッション、持ってるもの、全部が違うから。
じゃぁなんで、彼らは最初から中国人としてワタシに接してくるのか。それは、民族の多様化が北京にはあるからだと思う。同じ中国人だけど、北と南、それ以外でもいろんな民族が中国にはあって、色んな民族の人たちが北京に集まっている。だから多少外見が変わっていても、「あーきっと上海から来た中国人なんだろうな」って受け入れることができるんじゃないかな。つまり、大雑把に「アジア系なら、中国人だと思って話しかけたほうが確立が高い」ってことなんだと思う。

ハナシを戻して、ワタシが日本人だと告げるとよくあるパターンは以下の3つ。

「そうなの?わかんなかったよー。You from Japan?・・」と英語になる。
「☆●×■・・・」となんだかわかんないけど、中国語を続ける。
「・・・・・・(バイバイ)」とフェードアウト。

特に、会話が英語になるパターンは多い。その英語の流暢さと言ったら・・。すごーい、中国人すごーい!と感心してしまう。実際、オフィスにいるチームのメンバーは日本語が話せるコが多いけど、日本語ダメなコとは英語が共通言語になるんだよね。
だから、日本語の話せる中国人と、英語と日本語が話せるワタシの間に、中国語と英語が話せる中国人が入ったりすると、時々何語を話してるのかよく分からなくなります。

ワタシ「昨日、コレの資料作ったんだけど・・・」(日本語)
中国人1「あ、何デスカ?」(日本語)
中国人2「这个是什么?(なんすかコレ?)」(中国語)
ワタシ「Ahh、I made this documents.last night but that was..(あー資料作ってたんだけど・・)」
中国人2「I see.we need to talk about....ペラペーラ」(あー、ハイハイ、もう少し話しをツメますか。)
中国人1「いいですよ、午後時間取りましょう。中午有事八吗?(お昼用事入ってます?)」
ワタシ「没事八 we gonna have lunch meeting?(ないですよー、ランチミーティングにします?)」
中国人1・2「OK、好好(いっすねー)」

ハタから見てると、バカっぽいんですが、仕方ないんです、中国語がワタシできませんから!彼らの言語能力の高さに頼るしか・・・!!オフィスにいる、他の人たちから見れば「何あの人?新人?変な中国語使って、なまってるの?っつか、何で時々英語?」となぞの存在だと思うし、実際そう言っているのも分かっています。。でも、中国語むり!まだむり!

b0038991_2046063.jpg

b0038991_20462458.jpg

地元のスーパー。屋根のある市場ってカンジです。
by reina917 | 2010-03-18 11:31

*中国3日目*

今日もガッツリ一日中会議で終わった。話したいこともたくさんあるのだけれど、知らないこと、知らなきゃいけないことが次から次へと出てくるので、なかなか先にハナシが進まない。
でもこれって、対面で話し合わないとできないことだよなーって思う。相手の目をみて、表情をみて、理解してるのか、納得してるのか、偽ってるのが、ごまかしてるのか、全て分かるから。相手にとっても同じでワタシの表情を見ながら、話し方をいろいろ変えて、どうにか理解しようとしてくれる。

対面のコミュニケーションって本当に重要だなぁと、実感。非対面のコミュニケーションが成り立つのって、出会い系でのメールのやり取りくらいじゃないか、と思ったりしてしまう。ワタシは古いタイプなのかな。。

今日は、会議が立て込んでて、ランチに出ることができず、ビジネスパートナーの李さんが「メンバーに何か買ってこさせます!」と言って、マックのセットを買ってきてくれた。こんなにいたれりつくせりでいいんかなぁー。でも甘えよう。こっちはこっちで必死だ。

b0038991_20444659.jpg


さて今日は会社の様子についてレポします。
ワタシが来てる中国のIT系企業、全員若い!ノリは学生だ。学校だ。でも、ワタシもむかーしむかしに、社会人ほやほやで入ったIT企業ってこんな雰囲気だったよ。だから、彼らの若いパワーがこれからの中国IT経済を支えてるんだと思う。「あぁ、今、中国ITバブルのエネルギーの真ん中にいるんだなぁ」と思うと、とても刺激的。彼らの幼さや、未熟さもそれがスパイスになってこの会社は成り立ってるような気がしてしまう。
オフィス環境なんて、ハッキリ言って昭和だよ。電気もなんか暗いし、設備も不十分。国際電話がかけられる電話機は一台、プリンターなんてモノクロで一台しかないんだよ?しかも日本の家庭用FAXと同じレベル。ありえる?ありえない!
だけど彼らは、そんなの気にせず元気に仕事してる。パワーがあるから、細かことなんて気にならないし、これ以上便利な環境を知らないせいか、これ以上を求めない。(少なくても口に出してない)私からすれば、何から何まで物資不足なんだけど、、「アレがないからコレはできない」「コレがないからアレはできない」そういうこと言う人、いないんだよね。すごいなーって思う。
どんだけ、日本のオフィス環境って整ってるんだろう、、今まで働いてた日本の会社の環境が、この中
国オフィスにあれば、ものすごい業務効率が向上するだろうなって思っちゃうよ。
今のところ「効率の悪さは、マンパワーでカバー!エヘ!」ってノリだけど、今後オフィス環境とマンパワーがそろったら、それこそ中国は向かうところ敵ナシになるかもね。(モチロン優秀な経営陣は必要だけど)その時、日本は勝てるのかな?
by reina917 | 2010-03-17 11:23

*中国2日目*


b0038991_1440107.gif今日は朝からガッツリミーティングです。10時からスタートしましょうね、と言ってたんですが、ワタシしょっぱなから遅刻しました。会社の住所を一生懸命タクシーの運ちゃんに言ったのですがつなかなかつうじず・・・。変なところで降りろ、と言われたり、ここじゃないから、会社まで連れて行け、とわめいたり、朝から冒険してました。まぁ、ワタシの冒険と、仕事は全く関係ないので、つくなりビジネスパートナーの李さんには、キチンと謝りましたが。

これで「日本人は時間に正確」という外国人のイメージを初日に叩き壊しました、ハイ。

そうなんです、ホテルと会社の往復はタクシーです。外は歩かない方がいい、と会社の人に言われ忠実に守っております。
外は、空気が埃っぽく、また乾燥してるので、のどが一発でやられてしまうようです。

それはそうと、従来の中国のイメージって、「自転車文化」じゃありませんでしたか?自転車で道が一杯になってしまう、朝の通勤風景・・そんなのをテレビでみてたので、この目で見れるのを楽しみにしていたのですが。。。

自転車なんて乗ってる人ひとりも見かけません。

b0038991_215528.jpg

ガソリンを使うバイクは禁止されているので、電動バイクです。音が静か。

本当、自転車、誰も乗ってないです。そのハナシをしたら、すでに北京は車社会が定着し、オリンピックを境にに地下鉄やバスの便が飛躍的に向上したのだと李さんが教えてくれました。
タクシー代も日本とは比べ物にならないくらい安く、20分以上乗っても、150円くらいですので、タクシーの数も多いです。

道を走る車も日本と変わりません。むしろドイツ車がめっちゃ多いです。
ホンダ、トヨタ、日産、スズキ、マツダもたくさんあるし、タクシーは、ほとんどフォルクスワーゲンです。それ以外にも、アウディ、BMW、ベンツ、もたくさん走ってます。
それなのに、車はどれも、ドロや埃まみれ・・・みんな高級車を大切にしようよ・・・。
「輸入車にみんな乗ってるなんて、本当にお金持ちばかりなのね!」と言ったら、ワタシのビジネスパートナーである、李さんが「いえ、どのメーカーもほとんどが中国で生産しています。生産地で買えるということは、輸入してないから安いんですよ。」と教えてくれた。

会議が終わり、夕方に会議室からでると、李さんチームのメンバーが、飲みに行きませんか?と声をかけてくれた。モチロン快諾して一緒に行くことにしました。本当は、スグに帰ってホテルで仕事したかったのだけど、「飲ミニケーション」が大事なのは、日本も中国も同じだしね。
昨晩の歓迎会に参加できなかった人が集まってくれたので、ハナシが色々をしながら中華をいただきました。
みんなオーダーする時に、できるだけ日本では食べることの出来ない、本来の中華料理をワタシに食べてもらいたいと思っているようです。オーダーするのに、みんなケンケンガクガク言い合ってたりするのを見てるのが楽しい。「カネニワさん、何が食べたいデスカ?」「あ、マーボー豆腐食べたいです!」
「そうですが、日本のマーボー豆腐は、甘いですからねぇ・・きっと辛いと思いマスヨ。フフフ。」と、ワタシに本場の中華で驚いてもらいたいらしい。モチロン、本場の辛さにほんとにびっくりしたけれど。。

とても皆さんの気遣いが嬉しく、楽しい夜はふけていきました。。

あーーー黒烏龍飲みたい!!

by reina917 | 2010-03-16 11:55

*中国出張中*

またまたご無沙汰です。
中国に出張中となりました。前日に羽田空港そばのホテルに泊まり、早朝の飛行機で出発です。

6日間のスケジュールですが、初めての中国にドキドキしながら出発しました。

飛行機からして、チャイナエアラインです。中国語のアナウンスで、やや泣きそうになりました。
b0038991_14401194.gifえーん、中国語勉強しておけばよかったー!!!

飛行機の隣の座席に座ったキレイな女性と仲良くなって、おしゃべりばかりしていました。彼女は4月から一年間中国に駐在することになっているそうで、今回はその準備で中国に行くとのこと。
その女性とは名刺を交換しあい、北京空港で分かれました。一期一会でホント、旅っぽいです。

その後は、タクシーでホテルに向かい、荷物をといてからホテルのレストランで休憩。
ホテルは、まぁまぁ、です。必要最低限があるようなカンジで、可も無く不可もないです。英語が通じるのでそれは結構助かったなぁ。

オフィスについて、ワタシの仕事上のパートナーに会い、一通り、関係者には挨拶しました。みなさん若い!若すぎる!!ワタシ場違い?ってカンジです。
挨拶もそこそこに、中国側のチーフと早速打ち合わせ。あしたから忙しくなりそうです。

今日はこれから歓迎会だそうです。本場の中華はどんなものか、楽しみ!!

b0038991_20504939.jpg

これは、羽田のホテル。
by reina917 | 2010-03-15 20:51