*Welcome to Reina's site*


by reina917
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

*日本では無いけど、NYではよくある出来事とは*

 New York に来てからもうすぐ2ヶ月。最近ぜんぜんブログ更新してませんでした。こちらの生活はもはや日常。毎朝起きて会社に行って、ランチを食べて仕事して、夕方退社。最寄りの駅で夕ご飯を買って帰宅。これの繰り返し。日本とあまり変わらない日常のようで、全然違う日々を過ごしているような。不思議な感覚で毎日暮らしています。

こんな日常の中で唯一、日本では絶対起こりえないコトがあります。
それは、「キミ、日本人だよね?」「アナタは日本人ですか?」と言われるコトです。
NYでは色んな人から話しかけられる機会が多いのです。
お店のレジの人。カフェで隣に座った人。同じエレベーターに乗り合わせた人。電車で隣に座った人。信号待ちでたまたま目が合った人。レストランの店員さん。
「袖振り合うも・・・」というコトバがまだ生きてるのは、日本でなくここNYなんじゃないか?と思うくらい、ちょっと何かあればハナシかけてきます。

そんな時に、「おや、君は日本人だね?」とか「アナタ日本人よね?」とか言われます。ワタシには相手の国籍なんて一切判別できないのに、なぜか彼らは言い当ててくるんです。

そんな時は「えーっと、どうしてワタシが日本人だと思うんですか?」を聞いてみてますが
みなさん、外見でやっぱり判断しているようですね。確かにワタシは現地の人が来てるような服装、髪型を一切せず、日本で買ったお洋服やカバン、日本でしているヘアスタイルやお化粧をこっちでもしています。
いわゆる「現地化」をしていないんです。「外見で日本人とわかると危ない!」とか言われていますが、危ない思いをしたことはNYでは一度もありませんでした。むしろ、日本人であるとわかると、みなさんスゴく優しい顔をしてくれました。時として、その優しさに下心が透けて見えてるときもありますが☆

ま、日本で経験しない出来事の一つですね。


会社の外にある休憩スペース。ここで休憩していると色んな人が話しかけてくる。
b0038991_10174049.jpg

袖振り合い過ぎて、携帯をスラれてしまった@タイムズスクエア。
b0038991_1016758.jpg

会社のカフェで仕事をしています。このデスクは高さが変えられるのでワタシは立って仕事します。
b0038991_10163491.jpg

by reina917 | 2014-12-22 10:21