*Welcome to Reina's site*


by reina917
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

*Go!Go!Los Angels!Day5 券売機をけっとばす*

さすがのmisaちゃん持参のパブロンも底をついてしまった。それなのに、ワタシの風邪は相変わらず回復しない。フラッフラの状態で、ホテルの受付のお姉さんに
「日本の風邪薬ないですかぁぁ」

と駆け寄った。「ホテルの売店で売ってますよー。」と優しいお姉さんに教えられ売店にダッシュで行くとサトウ製薬のストナが売っていた。迷わず購入。パッケージやビンは全て英語だけど、サトちゃんの笑顔にホッとする。あぁ、サトちゃん・・!!

さっそく飲もうと思ったら、ビンのフタが日本製と違っていて、押して回すように、と絵で説明があった。
でも開かない。なんでだよぉぉ~説明通りに押して回しましたけどぉ?
ぎゅーぎゅーひねりまくっても、一向に開かない。早く飲んで、元気になって、さっさと出かけたいのに!!

諦めて、受付の男性に「このビンのフタを開けてだサイ。プリーズ、オープン!」とお願いしてみた。さっきお薬を売ってるお店を教えてくれたお姉さんもそばにいて、「あぁ、ビンのフタ、開けるのコツがいるんですよねぇ。」とにこやかに言っていた。頼んだ受付の男性が「ヨシ、オレに任せろ」と言って、ビンを手にとり、そして

「あーぶらーかたぶーらぁぁーーー

と、小芝居をして見せてくれた。元気な時なら、キャッキャッとウケてたのかもしれないけど、具合は悪いわ、ビンは開かないわで、ワタシはただ今ぜっ不調。

「どーーでもいいから早く開けてくだサイ。。」とガラガラの声で訴えた。

かくして、薬は無事飲むことが出来てお出かけへレッツゴー♪

午前中はパサディナ、午後はメルローズの行く予定になっていたので、地下鉄の駅に行って、パサディナ行きのチケットを買おうとした。

が、ここでも券売機がなかなかお札を認識しない。入れても、ガーーーっとすぐお札が戻ってくる。何度やってもガーーーーっと返ってくるので、諦めようとした時、ピロリーンと認識してくれた。チケットは6ドルなので、さっき入れた5ドル紙幣の後に、もう1ドル券売機に入れる。
1ドル紙幣は券売機に飲み込まれ、やれやれと思ったその時、自分の目を疑った。
券売機のモニターには、「ただ今の金額5ドル。あと1ドルです。」的な表示がされているのだ。つまりさっき飲み込まれた1ドルは認識していないらしい。

オイオイオイ!!!


もー、しかたないわ、一回キャンセルしてやり直そう、と思い「CANCEL」ボタンを押した。
すると、ガーーーーーっと言ってレシートが一枚出てきた。
あれ・・・お金は・・?
手にしたレシートを見ると、

「返金はコチラにお電話ください。***-**** 営業時間は朝の9時から5時。Thank you」

というような事が書いてある。

具合は悪いし、ビンのフタは開かないし、券売機にお金がなかなか通らないと思えば、1ドル券売機にガメられ、返金は電話しろときたもんだ。もう、ワタシはイライラの限界であった。

「んもぉ!お金返しなさいよぉぉぉぉぉ!!!」

ボカッと券売機を蹴っ飛ばした。

すると

ファン、ファン、ファン、ファン、ファ~ン!!!

とけたたましく、券売機のサイレンが鳴り始めるではないか。
駅のスグ後ろはロサンゼルス警察署である。
んもぉ!!!、お金ガメるくせに、防犯対策はきっちりしてるなんて!!!

券売機はしばらくファン、ファン、鳴り続けていたけど、駅にいる人はあまり気にしていない様子だ。駅員もいない無人の駅だから、怒られることなんてないだろう。仮に駅員がいたら、文句の一つでも言ってやるところだ。

ファン、ファン鳴ってる券売機は無視して、別の券売機でクレジットカードでチケットを買い、知らんぷして電車に乗り込んだ。(最初っからクレジットカードで買ってれば良かった。。)

b0038991_138893.jpg

|
by reina917 | 2011-05-06 08:39