*Welcome to Reina's site*


by reina917
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

*【NY着きました!】空港---ホテル*

「JFK空港は、混雑のため着陸に時間がかかっております。そのため、当機はラガーディア空港に着陸いたします。」
と機長がビックリのアナウンスをしたので機内が一瞬ざわついた。
空港が目下にあるにも関わらず、飛行機は1時間以上、上空をウロウロ旋回していてなかなか着陸できないでいた。
困るよー。予約しているホテルはJFK空港のそばなのに~。ワタシの心配をよそに、飛行機は無事にJFK空港へ着陸した。機長のアナウンスは一体なんだったんだろう。。


20:45PM 空港を出ると、タクシー乗り場前は超長蛇の列で、一瞬目を疑った。何かの間違いでありますように、と願ったけどなんの間違いもなく、タクシーの列だった。

30分まち、ようやく順番が回ってきて、運ちゃんに行き先を言うと、「うーん、そこどこ?オレわかんねー。」的な返事をされた。住所を教えるからナビに入力して連れて行ってください。とワタシが言うとしぶしぶ「OK」と言ってくれた。しぶしぶでもなんでもいいのだ、ホテルに連れて行ってくれなきゃ困るのよ。

ホテルの前に到着し、歩道にスーツケースを下ろしてもらった。あぁ、やっと宿屋に着いた。気分はドラクエである。HPが全然足りないので、ここで敵にあったら死ぬ。。早く宿屋で回復したい。お風呂で手足を伸ばし、あったかいコーヒーを飲みたい。そして一刻も早くiPhoneを充電したい。ワタシのライフラインですから。

ホテルの入り口に向かって歩くが、このホテルにはどうやらドアマンやポーターはいないようだ。
路上にスーツケースとワタシ。寒い。。早く部屋とYシャツとワタシになりたい。。道が雪に埋まっていてスーツケースをなかなか運べずに苦労していると、ホテルの外でタバコを吸っていた宿泊客のおじさんが、「よっしゃ、手伝ってやるぞい!」と張りきて手を貸してくれた。こういう人がいるから、ポーター必要ないんだね。違うか。

チェックインを済ませ、部屋に入る。外観もフロントも見てたので、わかっていたけど、ここのホテルはいわゆる「安ホテル」。
「バックパッカーさんいらっしゃーい♪」的な雰囲気むんむん。何もかもが必要最低限しかないのだ。
部屋のアメニティは石鹸とシャンプー、タオルだけ。シャワージェルもなし、歯ブラシもなし、ボディローションもなし!コーヒーメーカーはあるけど、壊れてるし、もちろんミニバー(冷蔵庫とかスナック類)もなし。おまけにデスクのイスの足も一本なし!こっちも最低限の料金しか払っていないので、こんなもんか・・という気分になってきた。それにベッドは十分大きくて、バスタブもある、これだけあれば、十分である。
こういうホテルは初めてだけど、気楽でいいじゃないか。とりあえず、飛行機で食事を満足にしてなかったので、ホテルのインフォメーションブックを手に、レストランの時間を調べた。
・・・ガックリ。このホテルにはレストランも売店もないそうな。徹底的に必要最低限を貫いている。民主党の事業仕分けもコレくらいやってみたらどうだろうか。

もう疲れて何も考えられない。一人には大きすぎるキングサイズのベッドに倒れこむ。お風呂もコーヒーもどうでもいいや。もう寝よう。。。意識が遠のく。
10:05 PM クタクタのワタシは、子供も寝ない時間に漠睡していた。
b0038991_8462567.jpg


5:50 AM 目覚ましより早く目が覚めた。朝食は6:30だからだいぶ時間がある。早くあたたかいコーヒーを飲みたいな。昨日からちゃんと食事をしてないから、朝食バイキングが楽しみだな。
それにしても不思議なものだ。普段は、夜型人間のワタシが海外に来ると目覚まし無用の超朝方人間になってしまうなんて。しかも朝にちゃんとお腹がすいているなんて、奇跡じゃないだろうか?このまま体質改善をして是非日本に帰りたい。
6:30 AM 朝食時間ピッタリに食堂に行くと、中国人の家族がパジャマ姿で、パンを食べていた。よそのお家のダイニングに紛れ込んでしまったような気分である。

朝食バイキング、楽しみにしていたけど、ここでもやっぱり必要最低限だった。
あるのは、パンやマフィン、シリアル、ヨーグルト、コーヒー、牛乳、オレンジジュース、オレンジ、くらいである。
卵をオムレツにするかスクランブルエッグにするかと聞いてくれる調理人もいない。席に着けば自動的にコーヒーを運んでくれるサービスマンもいない。・・わかってたけどね。

食堂に入ってくるお客を一人で眺める。国籍もまちまちだし、カップル、家族連れ、老夫婦、一人旅っぽい人、いろんな人たちがいた。国際色豊かな老若男女が集まっていて、やっぱりここはニューヨークなんだなぁーとのんきに考えていた。
食堂にはテーブルが6つしかないので、長居すると他の人が入ってこれないだろうな、と思い、早々に席を立った。
b0038991_8472049.jpg

もちろんコーヒーはお部屋に持っていく。だってコーヒーメーカー使えないんだもん。
by reina917 | 2010-12-28 20:45