*Welcome to Reina's site*


by reina917
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

*中国4日目*

あー、中国からエキブロつながらなーい!!わかってたのでいいんですが。。今はVPN接続して投稿しています。回線と海を越えての中国レポ。なんだか壮大だ。。
今日は、中国にいるワタシ、の存在についてレポします。

まず、中国、ワタシがいる北京ですが、皆さんのファッションはやや遅れています。控えめな表現でいいますと・・・ヘアスタイルがそこそこおしゃれと思える人は、オフィスで5人くらい、って言えばわかるかな。町の中に目を移してみても、そんなものです。北京でワタシがきづいたこと、それは。。
「町並みの色合いと、生活してる人たちの服装の色は似ている」です。なんだか、みんな建物と調和してるんですよね。パステルカラーなんて着てるのワタシくらいなものです。町全体が埃っぽさがあったり、風が強かったり、活気がある市場で買い物したりするから、汚れやすい色は選べないんだろうな。だから、白やパステルカラー着れるって、外国人かお外に出ない高所得者くらいなんですよね。そういうことなんです。

だったら、着ている服の色で外国人だと判断されるのか?と言ったら、答えはノーです。会社の人や、町の人、ホテルの人、必ず中国語で一発目は話しかけてきます。
「あ・・ごめんなさい、ワタシ日本ジンなんです。英語、ハナセマスカ?」とつたない中国語で言うと、大体が、「そうなの?わかんなかったよー。」って返ってきます。
去年、マルタ島へプチ留学した時は散々ガイジン扱いされたのですが、今回は全く逆。中国人扱いから始まります。
でもね、ワタシからすれば、中国人と日本人、絶対見分けることができます。それって、表情の作り方や、ヘアスタイル、ファッション、持ってるもの、全部が違うから。
じゃぁなんで、彼らは最初から中国人としてワタシに接してくるのか。それは、民族の多様化が北京にはあるからだと思う。同じ中国人だけど、北と南、それ以外でもいろんな民族が中国にはあって、色んな民族の人たちが北京に集まっている。だから多少外見が変わっていても、「あーきっと上海から来た中国人なんだろうな」って受け入れることができるんじゃないかな。つまり、大雑把に「アジア系なら、中国人だと思って話しかけたほうが確立が高い」ってことなんだと思う。

ハナシを戻して、ワタシが日本人だと告げるとよくあるパターンは以下の3つ。

「そうなの?わかんなかったよー。You from Japan?・・」と英語になる。
「☆●×■・・・」となんだかわかんないけど、中国語を続ける。
「・・・・・・(バイバイ)」とフェードアウト。

特に、会話が英語になるパターンは多い。その英語の流暢さと言ったら・・。すごーい、中国人すごーい!と感心してしまう。実際、オフィスにいるチームのメンバーは日本語が話せるコが多いけど、日本語ダメなコとは英語が共通言語になるんだよね。
だから、日本語の話せる中国人と、英語と日本語が話せるワタシの間に、中国語と英語が話せる中国人が入ったりすると、時々何語を話してるのかよく分からなくなります。

ワタシ「昨日、コレの資料作ったんだけど・・・」(日本語)
中国人1「あ、何デスカ?」(日本語)
中国人2「这个是什么?(なんすかコレ?)」(中国語)
ワタシ「Ahh、I made this documents.last night but that was..(あー資料作ってたんだけど・・)」
中国人2「I see.we need to talk about....ペラペーラ」(あー、ハイハイ、もう少し話しをツメますか。)
中国人1「いいですよ、午後時間取りましょう。中午有事八吗?(お昼用事入ってます?)」
ワタシ「没事八 we gonna have lunch meeting?(ないですよー、ランチミーティングにします?)」
中国人1・2「OK、好好(いっすねー)」

ハタから見てると、バカっぽいんですが、仕方ないんです、中国語がワタシできませんから!彼らの言語能力の高さに頼るしか・・・!!オフィスにいる、他の人たちから見れば「何あの人?新人?変な中国語使って、なまってるの?っつか、何で時々英語?」となぞの存在だと思うし、実際そう言っているのも分かっています。。でも、中国語むり!まだむり!

b0038991_2046063.jpg

b0038991_20462458.jpg

地元のスーパー。屋根のある市場ってカンジです。
by reina917 | 2010-03-18 11:31