*Welcome to Reina's site*


by reina917
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

*出国マルタtoフランクフルト*

帰りの空路はルフトハンザに乗ってフランクフルト経由でJALで日本に入る。マルタの空港でチェックインする時に、「最前列にしてください。それと窓側で。」とお願いしたら最前列は埋まってた。空港に到着するのが予定より遅くなってしまったので、そのせいかと思いあきらめた。スグに出国手続きをして、免税店内をウロウロしたけど、かなり小さい空港なので、5分でどこに何があるのか理解できた。朝早く起きて食事をしてないので、空港内のカフェで軽食を取ろうと思いCafeに入ってパスティッチとコーヒーを頼んだ。残念ながら、コレまで食べた中で一番美味しくなくて、高いパスティッチだった。でもマズくて良かった。安くて、いつも食べてたあの美味しいパスティッチだったら、日本に帰っても食べたくて、恋しくなってしまう。最後のパスティッチがまずかったおかげで、あの美味しさ↓を忘れてかけてしまった。
b0038991_21391285.jpg


空港内でお茶をしていたら、すぐに搭乗の時間がやってきた。ゲートに向かい列に並ぶ。マルタでさんざん経験しているので、なれたけどみんながジロジロみる。特にお年寄り。一人で女の子が飛行機に乗るのがそんなに珍しいのだろうか。
ここでは俗にいう「ガイジン」は、ワタシだ。機内に入ると、ワタシの席は一番後ろだった。チェックインカウンターの人が前がダメなら最後尾、にしてくれたのだ。窓側の席につこうとすると、ビジネスマンがいた。
「すみません、そこワタシの席です。」「え?ボクだよ。C36だからね、ホラ。」「あの、窓側がAなんです。ワタシはA36です。」「あ、そうなんだ。ボクは足が長いから、通路側の方がいいと思ってたんだ。交換しよう。」そう言って席を代わってくれた。ルフトハンザ航空は、客室乗務員は2人しかいなかったけど、礼儀正しい接客だた。食事はトマトのパスタ。
軽食をすでに取ってたので、私には必要なかったけど、興味があったので、食べてしまった。食事を終えるとスグにフランクフルトについてしまった。正味2時間半。近いなー、こんなに近くに外国があるなんて、ヨーロッパの人たちと日本人って、世界観違って当然だよね。
by reina917 | 2009-02-15 21:38